about

栃木県鹿沼市の山里にあるようちえんです。自然の中で子供たちは五感を働かせ、自分の心と体を動かし、体験を通じて人と自然とのコミュニケーションを学んでいます。

【こどもの好奇心】
生まれ持った からだとこころ どんなふうに動くのかな?
生まれ落ちた この星 地球  なにがいるかな あるのかな?

「自分研究」はひとりではできません。
こころとからだを動かす環境が必要です。
山や川を遊び場とする山のようちえん。
そこには、見過ごしてしまいそうな小さな生き物や植物があり、大きな全体へつながるすべてのものが存在します。
目に見えない地中の様子や野生動物の生態などにも、想像を馳せるヒントがあふれています。

そんな学び舎で
年上の子が下の子に手を差し伸べたり、声をかけあったり。心で感じたことを言葉で伝えあったり、誰にともなく声や体で表現したり。

感じることは個のみなもと。

大人の都合で区切られた時間と空間で「安全に」遊ぶのではなく、山のようちえんでは、こどもが主役のこども時間を過ごします。地球の肌でおもいっきり遊んで、我を知り、他を学び、創造力、生きる力を自ら育みます。

【おとなも一緒に】
見守り役のおとなは、お母さん、お父さん。
ひとりで子育てしていると「ダメ」「やめなさい」「早くしなさい」「こうしなさい」
と一方的になりがち。ここではみんなが互いを信頼します。きっと社会全体で子育てしていた昔はこんな風だったのかな?と思えるコミュニティが生まれています。

山のようちえんでは大人も“役割”から一度外れてこどもたちを信じる仲間になります。
「危ない!」と思っても、言葉をのみこみ見守ります。
するとこどもは自分で危ないかどうか確かめ、調べて、できる方法を探りだしています。

信頼が個を輝かせ、安全で文化的な社会を生み出していく。それは、こどもたちが教えてくれた、大切にしたいことのひとつです。
おとなも成長の日々です。

【里山保育】
栃木県鹿沼市は旧粟野町の里山にある古民家を園舎とし、沢や山に囲まれ、ヤギと猫も仲間である山のようちえん。近隣の方々は、園児たちにとっておじいちゃんおばあちゃんです。
赤ちゃんが来たなら、2歳の子だってお兄ちゃんお姉ちゃん。
核家族のこどもも、ここでは大家族の一員。知恵のみならず、深い思いやりや愛情を受けては繋げてゆく輪ができています。

【異なるもの】
ひとりひとりが違う人間で、同じということはひとつもありません。違うからこそ、コミュニケーションをとり、違うからこそ、「同じ」をみいだすと嬉しい。

みんなと同じでいることを求められる教育環境が主流である一方、大人になって突然「あなたの個性は?」という問いをつきつけられることもあるようです。そこからの自分探しでも遅くはないかもしれませんが、生まれてから6年間、こどもたちにとっては「自分研究」こそが生きるテーマのようです。自発的に挑戦し、「自分と異なるもの」と対峙することで、様々な自分の感情や側面にも出会え、「自分研究」は磨かれていきます。

【山のようちえんでは】
決まった先生だけでなく、いろんなおとな、海外からのお友達と触れ合う中で、価値観の多様性があたりまえの土壌が作られていきます。それは、寛容で柔軟な人間性と創造性を養うのに助けになることと考えています。
山のようちえんでは
庭師、陶芸家、農家、漁師、ヨギーニ、ミュージシャン、保育士、介護士、尼僧、デザイナー、教師、栄養士、建築士、フランス人、スペイン人、カナダ人、スリランカ人、台湾人などがいます。それらのおとなたちが仲間であり、そしてみんなそれぞれの肩書や国籍以前に、ひとりの「人」であることを、こどもたちは知っています。

【山のようちえんにサポートをお願いします】
「こども時間」を確保し継続していくには、おとなの力も必要です。小さいサークルですので、内部にかかる金銭・労力・時間の負担が大きくなってしまいます。保護者や運営者だけでなく広く色々な方にかかわっていただくことによって、この小さいサークルの礎を強くし、ネットワークと可能性を広げていきたいと思っています。

①寄付金
このページのHOMEからお願いします。
寄付いただける方は、こちらのコンタクトから、またはFBページ「山のようちえん」メッセンジャーにお名前・ご住所をお知らせください。
お問い合わせは08030265888(山崎)へ。

保育無償化対象は、行政が定めた園のみです。認可園を目指すとなると、山のようちえんの良さが失われてしまいます。そこで、賛同してくださる方々のサポートによる運営をすることで、実質的な無償化を目指したいと考えています。
離れていてもこどもたちの成長を楽しみにしてくださる方、未来を担う人間育成への社会的投資と考えてくださる方、自然保育をこどもにとって必要な場であると考え、私たちに賛同してくださる方にサポートいただけたら嬉しく思います。
寄付をくださった方には一年間、季刊でニュースレターやこどもたちからのメッセージをお届けいたします。

②手・時間 ~おとなのようちえん参加~
毎月25日(週末・祝日・月曜日にあたる場合は前後します)、おとなが集い環境整備をしています。木を切る、草を刈る、ヤギの柵を修繕するなどなど。ツリーハウスや公園の遊具を作ったりするアイディアも出ていますが手が足りていない状況です。お昼は毎回おとなが食べたいランチをテーマに、持ち寄ってお楽しみの時間です。
ご協力いただける方、お待ちしています。

③会員になり、ようちえんに参加する。
山のようちえんは会員制です。
ときどき山のようちえんに参加したい方、入園をお考えの方、大歓迎です。
年間会員登録料 5,000円
一日預け保育料 2,000円
一日親子参加料 1,000円
※年少さん以上のお子さんは親子参加でも2,000円です。
※初回参加は会員である必要はありませんが参加料は発生します。
※会員登録費は当園児の保育無償化へ充てさせていただきます。
ご希望の方、メッセージください。お待ちしております。
山のようちえん開園日時:火曜日~金曜日10:00~15:00